お花と銀イオン(追記あり)


株式会社グリーンロード

お花のプロショップ「グリーンロード」(本社:東京都台東区池之端2-7-17 IMON池之端ビル9F)の社長高原様のご好意で作業現場にお邪魔させて頂き、現状の作業内容と「AGジャームフリー」(以下AGGF)を使用して作業の効率化のご提案が出来るか検証させて頂きました。グリーンロードさんは店舗の販売だけでなく、フラワーアレンジメントやオフィス内グリーン等のビジネス向けも手掛けており、お花の持ちが良いと評判の様です。

バクテリアを付着させない為に

そんなお花の大敵はバクテリアであり、切花の切り口に付着させない事が一番大事になります。その為にはお花を扱う環境や器具を清潔に保つことが何より大事になります。グリーンロードさんの作業現場を見学させていただき、どの様な薬剤を使い作業しているのか説明すると、塩素系由来の薬剤を使用して器具を清潔に保ち、挿す水には塩素系の消毒液と糖類の栄養剤を注入してバクテリアの繁殖を抑えておりました。塩素由来の消毒液を使用して器具や作業台等の環境を清潔に保つのは容易な作業ではありません。塩素は細胞を酸化させて破壊(死滅)する事や細胞の呼吸系酵素を阻害する事で破壊するそうですが、これらはバクテリアにも反応しますが器具等の素材や花自体をも傷つけてしまいますので、拭き取れる箇所は拭き取り作業が必須になります。これらの大変な作業を、忙しい日常業務の間に行う事は大変な負担になりますが、この苦労が『お花の持ちの評判」に繋がっているはずです。

AGジャームフリーを使って

これらの事を踏まえ、次の2点をグリーンロードさんに提案しました。

  1. 切り口にバクテリアが付着しない為に、ハサミ、ハサミを入れるポーチ内部、花瓶、作業台等を清潔に保つ為に、AGGFで除菌を常にして下さい。吹きかけるだけで結構です。
  2. ハサミで切った切り口にAGGFを吹き付け更なる除菌をして下さい。

除菌による衛生管理推奨箇所

一つ目の作業は、除菌能力も勿論ですが、器具を痛めない事が大事になりますが、アルコールや塩素では素材を痛めてしまう可能性が高いです。AGGFは水と銀のみなので、素材を傷める事なく高い除菌効果がありこの作業には最適です。

二つ目の作業は短時間での除菌能力が求められます。これを塩素系でやるとかなりの高濃度が必要になると思われ、取り扱いも面倒で花を傷める可能性もあります。

一つ目と二つ目の作業をする事で切り口に付着するバクテリアは限りなく少なくなっているハズなので、理論的には水道水に含まれる塩素で十分バクテリアの繁殖を防ぐ事が出来、消毒液も栄養剤も不要になる筈です。

AGジャームフリーと既存薬剤比較

 

比較実験は今までの作業方法と既存の薬剤を水に溶かして生けた切り花と、花瓶と茎の切り口に「AGジャームフリー:除菌液」を吹きかけ、何も添加剤を入れない水道水に生けた切り花の比較になります。

コスト

購入コストだけを単純比較すれば既存薬剤の方が安いですが、作業員の方の作業が減ったり楽になったのであれば、結果的に業務効率と労働生産性が上がりコストダウンに繋がります。今の働き方改革の流れに沿っているのではないでしょうか。また一般家庭においても消毒液や栄養剤を全部使い切る事は中々難しいと思いますし、これらを他の用途に使う事も難しいと思います。AGジャームフリーであれば本来の除菌液としての用途に加えてお花の処理にも使えるので、結果的にコストを抑える事が可能と思われます。

知らない業界を理解する事は、銀イオンの可能性を勉強する良い機会になりました。もっともっと銀イオンの可能性を追求していきたいので、新たな使用方法に関するご相談が有ればぜひメールにてお問い合わせください。(affg@ks-cube.com)

追記

グリーンロードさんにて黄色のバラを使用して、再度上記と同様の実験を行いました。AGジャームフリーで花瓶とハサミと切り口を除菌するだけで、この様な結果になった事が驚きです。